カーリンコンを楽しむ高齢者


96歳の女性健闘

5月24日、三鷹市地域生活介護予防事業「ほんわ会」後期高齢者12名の方々が総合保健センター別館でカーリンコンを楽しみました。その中にはなんと96歳の女性が参加して健闘していました。

赤・青のチームに分かれ交互にディスクを5m先のターゲット(5個の得点)に入れるか相手ディスクをターゲットから押し出す競いで、一投の展開に参加者が興奮、盛り上がりを見せていました。高齢の方々がよくここまで順応して元気が出ていたかと驚きでした。

参加者の感想には「楽しかった」「難しかったが面白かった」など。だが定例の健康教室でいろいろなゲーム(簡易ボーリングなど)に取り組んでいるためか、高齢者の初回ゲームとしては上々でした。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です