カーリンコン競技に初参加して


カーリンコン競技に初参加して

3月17日、三鷹いきいきプラスの通信ニュースで知り参加しました。

カーリンコン会長と友の会の方々が歓迎してくださり、気持ちよく参加できうれしく思いました。

初参加者は赤・青の2列に分かれ友の会メンバーの真ん中に5名ずつ椅子に座り、ゲームの様子がわかるように段取りしてくださり、スムーズにゲームができました。

「勝ち負けよりもお互いの交流」との牧野会長さんの呼びかけどおり、得点できても、できなくても一投ごとに一喜一憂し楽しむことができました。

参加者の中には「一人暮らしなので、月2回のカーリンコンがとても楽しみです」

と喜んでおられる方もいて、カーリンコンを通してよい交流ができたと思います。運営していただいた方々にお礼申し上げます。

              新参加者 黒沢繁夫

主催者コメント

今回の参加人数は、三鷹いきいきプラスの通信ニュースから10名、カーリンコン友の会から17名の総勢27名。大勢の歓声、笑顔、成功時の大拍手などで熱気と興奮に包まれ、額に汗をにじませていた方も見受けられました。初心者も少しなれると、自分の投てき結果に大喜び。全員からの祝福で大盛り上がりでした。

 初参加者で老人クラブの責任者からも地元でカーリンコンを立ち上げたいと協力を依頼されるなど、カーリンコンのさらなる展開の契機にもなったことにこころ強く思いました。まずは多くの方に体験していただきカーリンコンの素晴らしさを実感していただけば幸いです。

               東京都カーリンコン協会会長 牧野吉治

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です