競技方法


  1. 赤、青2チーム(1チームは原則3名で構成)で対戦する。ジャンケンにより勝ちチームが赤、負けチームが青となり、赤が先攻、青が後攻となる。赤、青チームとも投げる順番を決め、試合終了まで順番を変えない。
  2. 赤チームの1番が、ターゲットゾーンにある5つのターゲット(標的)に向けて、ディスクを投げる。その時ピッチライン(スタートライン)、サイドラインを踏まないこと。 続いて青チームの1番が投げ、以下赤、青の順で2番→3番と続けて投げる。試合中、ディスクが裏返った場合は相手チームのものとなるが、そのまま続行する。両チームがすべてのディスクを投げ終わったとき、1イニングが終了する。
  3. 主審は赤、青チームの得点を計算し、記録係が得点表に記入する。得点は、5つのターゲットの中に入ったディスクの得点(3,2,1)を赤、青それぞれ合計したものである。ディスクは各ターゲットのラインに触れていれば有効(オンラインセーフ)で、2つのターゲットに接した場合は得点の大きい方を採用する。(参照:1ページの写真中央右)
  4. 引続き次の2イニングに入る。先攻は最初の1イニングの勝ちチーム。投げる順番は1番からとし、進行は1イニングと同じ。
  5. 以下、3もしくは5イニングまで競い合い、最終イニングが終了した時点で主審は総得点に基づき勝敗を発表する。(試合時間や参加チーム数により、3もしくは5イニングのどちらかを決定する。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です